ダウンロード
境内マップ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 713.4 KB

安房高野山八十八箇所霊場について

当山八十八箇所霊場について

八十八箇所霊場は約15分程度で周ることができます。自然を満喫しながら、ハイキングやお散歩にどうぞ。  (一周ゆっくり歩いて約20分~30分です。) 

 

ペットと一緒にお参り出来ます。 

弘法大師(空海)様が紀州 高野山 開山の際、狩場明神様より遣わされた白い犬と黒い犬のみちびきによって、高野山の地を発見されたという伝説がございます。このことから当院の八十八ヶ所霊場においてもペットと共にお参りいただけます。八十八ヶ所と本堂前にて一緒にお参り下さい。

 

お願い:ペットのフン等は必ずお持ち帰りいただくようお願いいたします。


◎ 四国八十八ヶ所霊場

 

弘法大師空海が42歳の時に人々に災難を除く為に四国に開いた霊場です。
後に高弟が遍歴したのが霊場巡りの始まりと伝えられています。
人間には煩悩(悩みの元)があります。この霊場を巡る事により煩悩が消え厄(苦しみの元)が祓われ、願いが叶うと言われます。

 

阿波国の霊場1番~23番「発心の道場」

土佐国の霊場24番~39番「修行の道場」

伊予国の霊場40番~65番「菩提の道場」

讃岐国の霊場66番~88番「涅槃の道場」
 
s-IMGP5856.jpg


◎安房高野山八十八ヶ所霊場
 

明治28年(1895)、上総国の前羽覺忍師と云う老尼僧が来山され

「私は弘法大師を信心し、 四国八十八ヶ所の霊場を遠くの地でも礼拝できる場を作りたいと願い、全国行脚しています。
 夢で安房に霊山があるとのお告げを受け、房州各地を巡り来てみると夢で見たそっくりの場所を見つけました。 どうぞこちら妙音院に霊場を…。」

と当山住職に懇願し、 一山全体に四国霊場を遷した「安房高野山八十八ヶ所霊場」が開基することとなったのです。

 石工作りの大師尊象が一体一体名工の手を借り、 高野山住職の開眼法要を受け、約二年の歳月をかけて開山されました。

 

またこの霊場には、房州の生んだ名工、彫仏師初代「後藤利兵衛義光」や楠見の石工「俵光石」制作の石像もあります。
 
 s-IMGP5845.jpg
道のりについて

1番より88番まで88体尊が祀られています。道のりの一部をご紹介致します。
s-IMGP5846.jpg
入り口

ここが八十八ヶ所霊場の入り口です。
 
 


出生門

この世に生まれ出でた奇跡に感謝。お大師様のご功徳を授かりましょう。

 

 

•13番

13番

13褌祝。大人の仲間入り。男女とも知恵・福徳を祈り「十三参り」。


 
 
•25番

25番
 
人生独立の節目でしょう。
 
 
•33番

33番

女の大厄。33才頂上にあります。
厄払いをしましょう。

 

•34番 身代わり大師

34番

修行大師形、手には鯖を持っています。

 
 
•41番

41番

男の前厄…。心身の節目。心と体を大切に。
 

 

 
•58番

58番

ここより下り坂。人生昇りだけでなく下り坂もあるのです。

 

 

•65番

65番

まだまだ人生はこれから!!
健康に留意しましょう。

 
•68番

68番

自分の人生を振り返って見る時。未練を残さないように…。

 

•81番

81番

米寿まで険しい坂をおります。人生最後の化粧です。




•88番

88番

米寿まできました。おめでとうございます。

 

ご質問などお問合せはこちら