境内の見どころ

・八十八ヶ所霊場

・戦争遺跡の薬師堂

・不滅聖燈

・オハツキイチョウ

・高野山奥之院お砂踏み

・四季の花 

ダウンロード
境内マップ.pdf
PDFファイル 713.4 KB

安房高野山八十八箇所霊場について

当山八十八箇所霊場について

八十八箇所霊場は約15分程度で周ることができます。

自然を満喫しながら、ハイキングやお散歩にどうぞ。(一周ゆっくり歩いて約20分~30分です。) 

ペットと一緒にお参り出来ます。

 弘法大師(空海)様が紀州高野山 開山の際、狩場明神様より遣わされた白い犬と黒い犬のみちびきによって、高野山の地を発見されたという伝説がございます。

このことから当院の八十八ヶ所霊場においてもペットと共にお参りいただけます。八十八ヶ所と本堂前にて一緒にお参り出来ます。

 

 飼い主様へお願い: 

お山にはタヌキ、ノウサギ、リスなど野生生物が生息しています。安全の為リードのご使用と環境保全エチケット袋のご持参をお願い致します。

          

◎ 四国八十八ヶ所霊場

弘法大師空海が42歳の時に人々に災難を除く為に四国に開いた霊場です。

後に高弟が遍歴したのが霊場巡りの始まりと伝えられています。
人間には煩悩(悩みの元)があります。この霊場を巡る事により煩悩が消え厄(苦しみの元)が祓われ、願いが叶うと言われます。

 

 阿波国の霊場1番~23番「発心の道場」

 土佐国の霊場24番~39番「修行の道場」

 伊予国の霊場40番~65番「菩提の道場」

讃岐国の霊場66番~88番「涅槃の道場」 

 

◎夢のお告げによって開かれた 安房高野山八十八ヶ所霊場

 明治28年(1895

上総国の前羽覺忍と云う老尼僧がこの地を訪れ・・・

 

「私は弘法大師を信心し、 四国八十八ヶ所の霊場を遠くの地でも礼拝できる場を作りたいと願い、全国行脚しています。夢で安房に霊山があるとのお告げを受け、房州各地を巡り来てみると夢で見たそっくりの場所を見つけました。 どうぞこちら妙音院に霊場を。」

 

 と当山住職に懇願し、 一山全体に四国霊場を遷した「安房高野山八十八ヶ所霊場」が開基することとなったのです。 石工作りの大師尊象が一体一体名工の手を借り、 高野山住職の開眼法要を受け、約二年の歳月をかけて開山されました。房州の生んだ名工、彫仏師初代「後藤利兵衛義光」や楠見の石工「俵光石」制作の石像がございます。

 

1番より88番まで88体尊が祀られています。道のりの一部をご紹介致します。

一周約15分~20分

八十八ヶ所霊場の入り口です。

出生門 この世に生まれ出でた奇跡に感謝。お大師様のご功徳を授かりましょう。

13 男女とも知恵・福徳を祈り「十三参り」。

33番 女の大厄。厄払いをしましょう。

•34番 身代わり大師
修行大師形、手には鯖を持っています。

身代わり大師(みがわり)

私達の幸せのため日夜修行に励まれる修行大師様です。

当院に伝わる身替大師様は別名サバ大師とも呼ばれ、

手には鯖が握られております。願掛けし願いが叶うと鯖をお礼に供えたそうで、昔は沢山の鯖がお供えされたと伝わる、大変霊験あらたかなお大師様です。

身代わり大師の不思議な話

第二次世界大戦時、米軍空襲により本堂 庫裏 薬師堂を焼失。そのおり一人も死者が出なかった事から

皆の代わりに全ての厄を受けてくれる身代わりのお大師様として深く信仰され「さなぐら身代わり大師」と呼ばれて親しまれています。

修験道の開祖  役の行者 (神変大菩薩)

日本山岳宗教の開祖、神変大菩薩(役小角えんのおずぬ)の尊像が山頂(奥院)に安置されています。

平成十一年五月吉祥日 安房修験復興を祈念し

二實修験道総本部 金剛山真勝寺様より 再建御奉納頂きました。
 

安房高野山から和歌山高野山へ 祈りを届けて

誰にも言えない想い、つらい気持ち

今のあなたの気持ちを高野山奥之院のお大師様へそっとお届け下さい。 
山頂の役行者様に向かい合いお参りいただくと 

紀州の高野山、奈良の大峯山の方角を向いてお参りいただけます。

館山妙音院ー奈良大峯山ー和歌山高野山は一直線につながっております。

お大師様は誰の声にも耳を傾けてくださいます。

天神さま

境内竹林のやぐらの中に石宮が福岡・大宰府天満宮の方向へ向けて安置されています。
 石宮の蓋には梅鉢紋があり、公家風の坐像が納められています。
 側面には 

嘉永5年(1852年)2月25日 菅原道真公950回忌に

23世住職の以豊(いほう)が発願主となり
筆恩を感謝し石宮を建立したことが刻まれています。

 

戦争遺跡 薬師堂(鐘楼堂)

戦時中の空襲の燃え跡が残っています。

戦争を知らない若い世代へ 当時のことを伝える貴重な戦争遺跡となっています。

平和学習の場としてご活用いただいております。 

高野山 不滅の聖燈

高野山より伝えられた聖なる燈火です。

常時、本堂内にて護持しております。当院では、聖燈油のご奉納頂ける方を募集しております。

詳しくは、こちらをご覧下さい。 

ご奉納いただいた方の聖燈油使用時お名前を本堂内にあげさせていただきます。

お願事を添えてお申し込み下さい。

 

オハツキラッパイチョウ

イチョウの葉の上に実がなるイチョウと葉が漏斗状にくっついたラッパイチョウがみられます。

2010年10月 本堂建立、薬師堂御開帳の年に偶然発見されました。

妙音院公式ブログより オハツキラッパイチョウ発見①

           新聞に載った!

高野山奥之院お砂踏み

高野山奥之院のお砂が入っており、こちらに立ってお参りいただくと高野山奥の院へお参りしたのと同じ功徳がございます。

春 Spring

夏 Summer

秋 Autumu

冬 Winter

最新情報は 妙音院facebookへ